ブロードラインを通販で買って猫のフィラリア予防をしよう

\90秒で注文完了/ブロードラインの購入はこちら
猫と飼い主犬と猫の両方に感染する危険な病気といえば、フィラリア症です。

昔の日本では「フィラリア症は犬の病気」というイメージが根付いていましたが、フィラリア症は犬だけに感染するわけではありません

猫もごくまれにフィラリア症に感染することがあり、少ない寄生数でもショック死や突然死を引き起こす可能性があるので大変危険です。

必ず感染するというわけではありませんが、愛猫と少しでも長い時を安心して過ごすためにも猫のフィラリア予防は必要です。

 

通販で買えるブロードラインは数少ない猫のフィラリア予防薬

投薬する猫猫のフィラリア予防ができる薬として、愛猫家の方々の間で注目を集め始めているのがブロードラインです。

ブロードラインは2015年に登場したばかりの比較的新しい薬で、フィラリア症を予防する効果があります。

皮膚をかき分けて薬液を垂らすだけで投与が終わるため、薬を投与する際のストレスが大きく軽減されます。

飼い主の方からしても、無理に口を開けさせて薬を飲ませなくていいので投与の手間が省けて助かるのではないでしょうか。

また、昔からさまざまな動物用医薬品を開発しているメリアル社が作ったものなので、薬の安全性や信頼性にも優れています。

あまり知られていない製薬会社で作られたものは本当に安全なのか不安になってしまいますが、ブロードラインは有名な製薬会社が開発したとはっきりわかっているので不安を感じずに使えます

効果と信頼性に優れているブロードラインを使って、あなたも愛猫のフィラリア予防を行いませんか?

ブロードラインを購入する

ブロードラインのパッケージさまざまな寄生虫に対して駆除効果を発揮し、フィラリアを予防してくれるブロードライン。

猫用のフィラリア予防薬として、現在では幅広い人に認知されて利用されています。

愛猫をフィラリアから守るために、予防は確実に行いましょう。

 

ブロードラインの購入はこちら

通販で買える猫のフィラリア薬「ブロードライン」とは?

先ほども少し触れたように、ブロードラインはメリアル社が開発して2015年に発売した薬です。

猫専用の予防薬で、有効成分としてエプリノメクチン、フィプロニル、S-メトプレン、プラジクアンテルを含んでいます。

これら4つの成分のうち、エプリノメクチンが猫の体内に潜むフィラリアの幼虫に作用して死滅させます。

心臓や肺動脈に到達する前に、フィラリア症の原因である幼虫を駆除してフィラリア症を予防します。

猫の体への影響が気になりますが、フィラリアの幼虫が血管に入り込む前に駆除するので大きな悪影響を与えてしまうことがありません。

このように、ブロードラインは猫の体にあまり負担をかけずにフィラリア症を防ぐようにできています。

 

ブロードラインの魅力はフィラリア予防以外にも!

ブロードラインは複数の成分を配合しているため、フィラリア予防だけでなくほかの効果も同時に得られます

猫の健康を維持するために必要な予防を一度で終わらせられるため、複数の予防薬を使わなくてもよくなります。

フィラリア予防にはどのような効果があるのか、どういった魅力があるのかブロードラインの詳しい効果と魅力をいくつかご紹介します。

 

フィラリア症と同時にノミやマダニも予防可能

ノミのイメージ画像ブロードラインには、エプリノメクチンのほかにフィプロニルS-メトプレンが含まれています。

この2つの成分は世界的に有名なノミダニ駆除薬である、フロントラインシリーズにも使われている成分です。

フィプロニルはノミやマダニの成虫に作用して神経伝達を阻害することで駆除効果を発揮し、S-メトプレンはノミの卵や幼虫、蛹に作用して成長を阻害します。

農薬にも使われるような成分だから危ないという意見もありますが、フィプロニルもS-メトプレンも安全性が高い成分です。

フィプロニルは、猫や犬など哺乳類の神経伝達は阻害しないように作られているのでほとんど影響を与えません。

S-メトプレンもノミの卵や幼虫、蛹のみに作用するように作られているので、哺乳類には作用しません。

猫の体には悪影響を与えずに、ノミやマダニのみを駆除することができます。

 

ほかの内部寄生虫にも効果がある

ブロードラインはフィラリアやノミ、マダニだけでなく内部寄生虫にも効果を発揮します。

有効成分の1つであるエプリノメクチンは牛の線虫駆除薬としても使われており、回虫や鉤虫も同時に駆除できます。

また、有効成分の中にはプラジクアンテルも含まれているので瓜実条虫や多包条虫といった条虫類も予防することができます。

瓜実条虫はノミの成虫から媒介されることがあり、条虫類の中では一般的な種類だといえます。

猫は自分で毛づくろいをする際にノミの成虫を飲み込んでしまう可能性があるため、犬よりも瓜実条虫に寄生される危険性があります。

ブロードラインを使えば、フィラリアやノミダニ、回虫や鉤虫と一緒に瓜実条虫も予防できるため愛猫の体内から気になる寄生虫を完全に取り除けます。

 

シリンジタイプで薬嫌いな猫にも簡単に使える

効果面だけでなく、ブロードラインはどんな猫に対しても使いやすいという魅力があります。

猫の予防薬はさまざまなタイプがあり、このうちブロードラインはシリンジタイプに分類されます。

従来のスポットタイプのようなピペット容器ではなく注射器のような形をした容器の中に薬液が入っており、引き内筒を押すだけで投与することができます

ピペット容器の場合、投与する際に少し力を入れないといけない場合がありましたが、シリンジタイプなら少ない力で簡単に投与できます。

外用薬として作られているので、薬嫌いな猫に投与する際も口を開けさせて飲ませる必要もありません。

薬嫌いな猫が相手でも、手間や苦労を感じずに素早く投与できるのがブロードラインの魅力です。

 

通販にあるブロードラインとレボリューションの違い

違いを考える女性猫に使えるフィラリア予防薬として有名なものに、レボリューションという薬があります。

レボリューションはゾエティス社という製薬会社から販売されている薬で、スポットタイプを採用して作られています。

その効果はブロードラインと非常によく似ており、1回の投与でフィラリアや内部寄生虫、ノミやダニを駆除して予防することができます。

そのため、ブロードラインとレボリューションには一体どのような違いがあるのか知りたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ブロードラインとレボリューションの違いはさまざまなものがありますが、その中でも特に大きいのが有効成分の違いです。

すでに触れているように、ブロードラインにはエプリノメクチン、フィプロニル、S-メトプレン、プラジクアンテルの合計4つの有効成分が含まれています。

これに対し、レボリューションに含まれている有効成分はセラメクチンのみです。

レボリューションは1種類の成分しか含まれていないので、効果範囲もブロードラインに比べると狭くなっています

 

レボリューションが効果を発揮するのはフィラリアとノミ、ダニ、ノミの卵や幼虫、回虫です。

この薬で駆除できるダニはミミヒゼンダニで、マダニには効果があるのかどうか確認されていません。

対するブロードラインはフィラリアとノミ、マダニ、ノミの卵や幼虫や蛹、回虫や鉤虫、条虫に対して効果があります。

複数の有効成分を配合したことによって、ブロードラインのほうがより多くの寄生虫を駆除できます。

しかし、ミミヒゼンダニには効果がないのでブロードラインを使う際はその点に注意しなくてはなりません。

効果範囲の広さから、ブロードラインとレボリューションではブロードラインのほうがおすすめです。

 

 

ブロードラインの入手方法は通販と動物病院

病院のイメージ実際にブロードラインを手に入れたいと思った場合、動物病院で処方してもらうのが一般的です。

動物病院では必要な検査を行ったあと、ブロードラインを処方してもらうことができます。

基本的な使い方や注意点など、ブロードラインを使うにあたって気になる点を獣医師から説明してもらえるため安心して使えます。

フィラリアに感染しているかどうか確かめる検査も事前に受けられるので、投与しても問題ないとわかってからブロードラインを使えるというメリットもあります。

しかし、動物病院で処方してもらった場合、どうしてもブロードラインの価格が高くなってしまいます

継続して処方してもらうと金銭的な負担も大きく膨れ上がってしまうので、費用面で見ればあまり好ましくない部分があります。

 

通販を使う女性しかし、通販を利用すればブロードラインを安く購入することができます。

インターネットにはブロードラインの通販があり、海外で販売しているブロードラインを直接送ってもらうことができます。

通販だとブロードラインの価格が安く、動物病院よりもはるかにお得な値段で手に入れられます。

このほかに、お店がインターネット上にあるのでいつでも好きなときにブロードラインを注文できるという魅力もあります。

フィラリア症にかかる危険性が高まるシーズンと忙しい時期が重なった場合でも、無理をせずにブロードラインを手に入れられるため仕事が忙しい飼い主さんたちから特に人気を集めています。

 

 

ブロードラインは通販のほうがうんと安い

節約している男性先ほども少しだけ触れたように、動物病院よりも通販のほうがブロードラインは安くなります。

しかし、漠然と「安くなる」といわれても具体的にどれくらい安くなるのか上手く想像することができませんよね。

 

ブロードラインは体重2.5kg未満用のものだと、動物病院では1本1,700円前後で処方してもらえます。

体重2.5~7.5kg用のものであれば1,900円前後になり、やはり少々高めです。

しかし、通販なら2.5kg未満のものが1本930円前後、2.5~7.5kg用のものが1本1,050円前後で取り扱われています。

1本あたりの差額は2.5kg未満のものだと770円、2.5~7.5kg用のものだと850円です。

年間の差額は2.5kg未満用なら9,240円、2.5~7.5kg用なら10,200円になります。

予防費用を安く抑えつつ、ブロードラインを手に入れられるので通販で購入したほうがお得になります。

また、ブロードラインは通販でまとめ買いをすれば割引をしてもらえる場合があります。

多頭飼いをしている場合、ブロードラインを購入する費用はどうしても大きくなってしまいますが通販ならそのような場合でも予防費用を安くできます。

 

実際にこうして比較してみると、どれくらい安くなるのかはっきりイメージすることができますね。

また、動物病院で処方してもらうよりも通販のほうが安くなると噂になっていることにも納得できます。

ブロードラインの通販を上手に活用して、よりお得にブロードラインを手に入れましょう。

 

通販でブロードラインを購入した人たちの口コミ

Hanaさん

女性のイメージインターネットで猫のフィラリアについて知ってから、フィラリアに感染しないかと気が気でなかったところにブロードラインと出会いました。

今までシリンジタイプは使ったことがなかったので、ちゃんと使えるのか不安でしたが簡単に使えました。

無理やり薬を飲ませてるって感覚もないから、使うときも猫に申し訳ないって思いで気が重くならなくて助かってます。

 

トラ猫一家さん

男性のイメージ今回はじめて通販で購入しました。

以前は安心できるからという理由で動物病院から買っていましたが、通販のほうがはるかにお得じゃないか!ととても驚きました。

海外から商品が届くらしいのでちゃんと届くか少し心配ですが、良さそうな感じだったらまた通販で買おうかなと考えています。

 

ごま塩太郎さん

男性のイメージ

ブロードラインを使い始めたきっかけは、うちのごま塩(キジ猫オス)と塩太郎(スコティッシュストレートオス)の回虫駆除でした。

ごま塩に回虫がいることがわかり、もしかしたら塩太郎も感染しているかもしれないと考えて、動物病院でブロードラインを貰ってきて二匹同時に使用。

確かな効き目で回虫を駆除してくれたので、こんなに効き目が高いのかと妻と二人で驚きました。

改めてブロードラインの効果について調べてみたら、フィラリアやノミ、マダニも駆除してくれるとあったので以降も寄生虫予防目的で使い続けています。

通販を利用すれば安くなるので、またなくなったら通販で買おうかなと考えています。

 

まりも猫さん

女性のイメージよく遊びに来る通い猫に使おうと思って購入しました。

スポットタイプと同じ感覚で使えるだろ~と思っていたんですが、シリンジタイプはちょっと力が入ると薬が飛び散ってしまいます。

おかげで何本か駄目にしてしまいました・・・私には向いてないので違うのを買います。

 

月原さん

男性のイメージ海外から送られてくる商品なので、説明書が英語です。

何が書いてあるか全然わからなかったので、結局ブロードラインの使い方や使うときのコツを調べるはめになりました。

投与以外のところで余計な手間がかかってしまったように感じます。

 

静谷さん

女性のイメージ効果は確かにありますが、通販だと到着までに時間がかかる。

しかも使うときにコツがいるので、はじめて使うときは失敗する可能性が高いのが難点です。

これらの点が改善されたらもっといいと思うんですが。

 

ブロードラインを購入する

ブロードラインのパッケージさまざまな寄生虫に対して駆除効果を発揮し、フィラリアを予防してくれるブロードライン。

猫用のフィラリア予防薬として、現在では幅広い人に認知されて利用されています。

愛猫をフィラリアから守るために、予防は確実に行いましょう。

 

ブロードラインの購入はこちら