エロチャットのやりすぎに注意!課金注意報

色々なお金の種類
エロチャットのやりすぎ注意報です。
コロナの影響もあり、最近急上昇中のエロチャット。
自粛期間中のおかずになると大人気の反面、ハマりすぎてやばいという男性が続出しています。

キャバクラや風俗と比べて、低価格で利用できるメリットはありますが、その手軽さから気づいたら月に20万円も使っていたという男性も後をたちません。

支払いが追いつかずに、金融機関からお金を借りなくてはいけないとならないためにも、課金額に注意を払っていきましょう。

課金の恐ろしさとは

エロチャットでの利用をクレジット払いにしている人はおおく、あとで届く明細証をみて驚くという人も少なくありません。

支払えれば問題ないのですが、破綻してしまっては元も子もありません。
中には親の遺産を全て食い尽くしてしまったという男性もいるため、お金の使い方には注意が必要です。

どんな支払い方法がある?オススメについて

月々の出費を賢く計算しながらコントロールできるひとであれば、支払い方法はなんでもよいでしょう。独身であればクレジットカードのほうが手っ取りば早く、手間がかかりません。しかし散財してしまうひとは、コンビニ払いなどで少し手間をかける方法がオススメです。課金するためにわざわざお店までいく必要があるため、使いすぎを防ぐことができます。また便利なくれてクレジット払いでは、詳細がのこってしまうため運営会社の名前が残っていると家族から不審に思われてしまうことも。その点、コンビニ払いは足がつかないからオススメです。

エロチャットは風俗よりお手軽

エロチャットは風俗のように本番はできませんが、オナのおかずにはなります。
最高なおかず達が毎日日替わりで待機しているため、風俗よりもバリエーション豊かに楽しむことができます。金額も少額ですむため、細長く遊ぶことができるのもメリットのひとつです。

また夜の町にお酒はつきもの。
そもそもお酒が苦手というひとも、エロチャットではそういったしばりやお金をはらう義務も必要も一切ありません。無料で登録でき、無料で抜ける、それがエロチャットの魅力なんです。課金をするとよりエロい画像や動画、女性とも通話で繋がることができますが、無料の範囲でも十分に楽しめるため、まずは無料だけでサイトをパトロールしてもいいかもしれません。